車で走ってたら変な匂いがする。 ボンネットあけたらクルミが200個www

0

CNNから奇妙なニュースが発表された

ペンシルベニア州ピッツバーグに住むホリーさんは車の走行中に異臭がしたため、車を止めてボンネットを開けた。

すると中には200個以上のクルミとたくさんの草が入っていた。夫のクリスさんは「バッテリーの下やラジエーターファンの近くなど、あらゆるところにあった。エンジン部にあるクルミは黒くて、ローストしたみたいなにおいがした」と振り返る。

自宅の周囲にいるリスが冬に備えて、ボンネットの下にクルミを蓄えたのではないかと考えているwwww

ホリーさんは1ヶ月前に車の点検をして以来ボンネットを開けていなかった。つまり1ヶ月の間にリスは200個を超えるクルミと草を集めていたわけだ。

修理工場でそれらを取り除くのに1時間もかかったらしいです。

フェイスブックで車のボンネットを開けて定期的に点検するようにと呼びかけている。

しかし、寄せられているコメント等では、車の心配より『リス』の方をみんな心配している。

1ヶ月もかけて集めた食料が無くなってリスはことしの冬を無事に越せるのだろうか。

リスかわいそう

・取り除いたクルミはリスに返すべきではないか?

等、リスがかなり心配されている。

リスは10月から12月にかけて長い冬ごもりに入るそうです。ですのでもうリスは閉じこもる季節に入っているので、これからまた集めるとなると死活問題になっているんです。余計リスが心配です。

0

あわせて読みたい

コメント

Translate »