とても賢い動物たちまとめ12選

0

私達が思うより動物は賢いです。

頭が良くて驚く動物はたくさんいます。その中から今日は12匹の動物を厳選しました。

【カラスさん】

南太平洋の島国に住むニューカルドニアカラスは、道具作りの達人だ。

たとえば虫を釣り上げる為に小枝や葉っぱの軸を加工して釣り針のようなものを作る。また、食べ物を確保するため、数段階の計画を立てる。



【オラウータンさん】

野生のオラウータンは1匹ごとに異なる学習行動を示す。葉のついた枝を使って間に合わせの『傘』を作るといった行為は親から子に伝えられる。

【イルカさん】

ハンドイルカは高い知能を持つ事が広く知られている。イルカの社会生活において遊びは非常に重要であり、認知能力の発達にも欠かせないと考えられている。

【オウムさん】

道具を作ったり人間の言葉を覚えたりとても愛らしい懐き方をする。小さいオウムから大きいオウムまで言葉を話して音楽を覚えて歌ったりするのはよく知られている。

【タコさん】

ミズダコは容器を開けたり他のタコの真似をしたり迷路の出口を探し当てたりする事を学習することが研究で明らかになっている。体の色を変えて敵から隠れたりするのも得意で、最近では宇宙生物とも言われている。

【羊さん】

お互いを認識して顔を覚えることが出来る事が得意らしい。

【39歳のボノボ「カンジ」】

【39歳のボノボ「カンジ」は優れた言語能力を持つ事で知られている。単語に対応する数百種類の記号を使って人間とも意思伝達を行える天才】

【ブタさん】

他のブタと同じくベトナム原産のポットベリー・ピッグも社会的だ。研究から他のブタを騙して食べ物に近寄らせないようにする事が明らかになっている。

【シクリッドという魚】

アフリカ東部のタンガニーカ湖が原産のシクリッドという魚には顔の模様を認識して親しい魚とそうでない魚を見分けられる種がいる。研究から知っている魚の動きよりも知らない魚の動きを気にする時間の方が長い事がわかっている。

【北北西部原産のアメリカカケス】

食べ物を格下200ヶ所以上の場所とそれぞれの場所に何があるかを記憶できる。

【ボーダーコリーさん】

ボーダーコリーの記憶力に注目した研究がある。2019年7月に死んだ「チェーサー」というボーダーコリーは1022個の名詞を記憶していた。研究対象となった犬の中で最大の数だ。

【アジアゾウさん】

アジアゾウは、知力をさまざまな行動を取る事がわかっている。たとえば道具を使ったり音を真似たりする。愛情にも敏感で、それは同種だけではなく人間にも注ぐ。溺れている人間を見つけたら迷う事なく水に飛び込み助けに行く。



0

あわせて読みたい

コメント

Translate »