人間が最大限物事で力を発揮する具体的な方法全部まとめ!!

0

人が力を発揮する為にはきちんと方法があります。今回は間違いなくやっとけって方法をご紹介します。

わかりやすく具体的な方法を説明させていただきます。

まず、

力を発揮したい時に備える為にも

前後で『お酒』は飲まないで下さい。

脳の機能を最大限使うのが基本の記事です。

お酒はビール一杯で脳細胞が100万個死ぬと言われていますので絶対飲まないように。

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


1、常に笑ってて下さい。

 笑いの効果はただ楽しいだけではありません。笑う事でよく眠れるようになりますし、免疫力も上げて、血行促進になり記憶力もUP。さらに身体中の筋肉に細かく酸素を送り込む事が出来ます。自分の力を引き上げる事に関してとても大事な事です。

詳しくはこちらから

笑う事で老化を防ぐ事ができる!笑いの大切さ


2、自分の好きな音楽を聴いて下さい。

 どこのサイトでも好きな音楽だけは聴こうと書いてあります。その通りです。音楽を聴く事の効果は今あなたが感じてるストレスも軽減してくれるのです。日常を過ごしていてストレスを感じていない人はいません。そんな方は音楽で解決出来るんです。さらに痛みも緩和する事が出来ます。

詳しくはこちらから

好きな音楽がストレスを緩和し集中力を上げて記憶力も上げる!!


3、無理やりだが幸せを感じる

幸せを感じる事は難しい事ではありません。科学的に検証されている方法を使えば感じる事ができるんです。その方法で幸せを感じて脳から体までリラックスさせます。

詳しくはこちらから

人間が一番幸せを感じる時って何をしてる?????


4、自己暗示

こちらもとても大切な事になります。自己暗示で自分の脳を勘違いさせる事が出来ると研究結果でも発表されました。つまり自分はこうありたい。こうなるんだ!等の思い込みも効果があるということです。こちらは本気の思い込みを考えて下さい。

詳しくはこちらから

【自己暗示が科学的に証明!?】老化した脳細胞に『自分はまだ若く柔らかい脳だ!!』と勘違いさせると実際に若返る効果が検証される(英研究)


5、考えすぎないでいつも楽観的でいて下さい。

楽観的でいることにより溜まってるストレスがなくなります。こちらも科学的に証明されている事になりますので効果があります。人間が力を発揮する為に必要な事です。

詳しくはこちらから

楽観的なだけで本当に長生き出来る!?米研究結果発表!!


簡単に言えば『プレッシャー』は脳内ホルモンがマイナスを分泌し、力が発揮できなくなります。

『リラックス』『ワクワクや楽しい』『集中』

の時に最高のプラスの脳内ホルモンが分泌されて最大限に力が発揮されます。

そのほかにも、こういう記事を目にして為になるので見ていただきたいと思いました。

80対20の法則

80対20の法則とは19世紀末の経済学者ヴィルフレンド・パレートが提唱した法則で、成果の80%は20%の努力に起因するという説です。
パレートの法則とも呼ばれています。
要は重要な20%に最大限の力を注ぎ込むことが最大のパフォーマンスを得られますよということです。

一生懸命な人ほどすべての物事を等しく行おうとしてしまい、結果としてすべてが中途半端になってしまいます。
特に面倒見がいい人ほど自分ですべてを抱え込もうとしてしまい、自分のパフォーマンスを低下させてしまうと言ってもいいでしょう。

人が一人で出来る作業量や時間は限られています。
だれしもが1日24時間しか持っていない中で、あれもこれもと抱え込んでしまっては自分の少ない時間を削らざるを得ません。
作業を抱え込むほど、睡眠や遊び、運動といった自らをリフレッシュさせる時間は減るものです。

よって、ストレスや疲労は蓄積され、パフォーマンスは落ちていくのが当然だと言えるでしょう。
このような状態ではどの作業も中途半端になるのも当然だと言えます。

では、どうしたらいいのか?
あなたの中の20%の重要なことは何かを見出すことが重要です。
下記の質問はエッセンシャル思考という本で紹介されていた質問です。
自分にとって重要な20%を探すときにとても役立つでしょう。

「自分は何が大好きか?」「自分は何がいちばん得意か?」「世の中の大きなニーズに貢献できるのは何か?」

この質問をじっくり考えて見て下さい。
そして、導き出された答えとなる重要な20%に最大限の力を注いでみて下さい。
残りの80%は手放してしまうという意識を持つとなおいいでしょう。
潜在能力は自分にとって重要なことほど威力を発揮していく性質があります。

パレートの法則を活かすには好きな仕事を見つけ没頭する事が一番の近道でしょう。自己改革ラボ  https://visionary-mind.com/potential/

最後は効果的な食生活

右脳の活性化には、植物性タンパク質(納豆や豆腐、ピーナッツやアーモンド、きなこ、ごま等)や野菜の摂取と小食が効果的とされています。

動物性タンパク質はアミノ酸をバランスよく摂れる一方で脂質が多いのですが、低脂質低カロリーの植物性タンパク質は血液をきれいにするので、結果的に右脳を活性化させることにつながるのです。

小食が辛い場合は、玄米食を用いることで空腹感を押さえることができ、咀嚼が脳細胞や神経細胞を活性化させます。

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


0

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2019-10-05

    […] 人間が最大限物事で力を発揮する具体的な方法全部まとめ!! […]

    0

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。