人間の限界をまとめてみた!!!13個の最強!!

0

人間は常に進化しています。その限界を見て下さい

こちらで紹介させていただくのは限界です。チャレンジするとかは日々の鍛錬を積んでいない限り危ないのでやめて下さい。

まず一つ目

どこまで重い物を持ち上げられる!?

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

500kg

医学の観点から人間が持ちあげられる限界は500kgまでとされ、それ以上の重たい物を支えようとすれば、腕の骨の強度が耐えられず、骨が折れてしまうとされる。ベンチプレスの世界記録を見ても480kgに達していない。


走ってどこまでのスピードを出せる!?

時速56〜64km

スプリンターが全力で走っている場合に足にかかる負荷は、片足で跳ねるような動作をする場合に足にかかる負荷の30%程度しかなく、余裕があるとのこと。つまり、筋肉の収縮速度をより速くすることで、まだまだ人間の走る速度は向上できる、ということだそうで、その限界は(理論上は)時速56〜64km程度と考えられるそうだ。


何才まで生きる事が出来る!?

120才

『ジョージア大学老年学センター』のレナード・プーン所長は、「たとえば120歳を超えた場合、生活の質を高く保てるだけの健康状態を維持できるかどうかはわからない。現在では120歳を超えると、健康状態は非常に悪くなる」と述べている。DHEAという副腎由来の性ホルモンの体内濃度は、長寿の人間では平均値より高い。そして、この分泌は年齢とともに減少する。この低下具合を多数のサンプルから分析すると、限界値が120歳くらいになるのだとか。この結果から、おそらく人間の寿命の限界は120歳くらいではないかと推定されているということである。


どこまでの高温に耐えられる!?

127度

哺乳類の細胞は一般に50度以上の高温になると数分で死ぬが、人間はもっと高い気温でも、空気が極端に乾いていれば短時間なら耐えられる。サウナでの実験では空気が乾いていると127度の高温に20分間耐えた。汗腺が発達した人間は汗をかくことによって、肌の表面温度を下げることができるからである。世界で一番熱い場所はイランのルート砂漠と言われており最高気温はなんと70、7度にも達する。乾いた砂漠なので結果耐えられる。


どのくらい食べないで生きてられる?

3ヶ月

ヒトは、理論上は水分の補給さえあれば絶食状態で2~3ヶ月程度生存が可能であり、この限界を越えれば餓死に至ることになる。


どのくらい眠らないでいられる?

2週間

自発的に眠らずにいられるのは、2週間前後が限界であるようで、その後2 – 3日熟睡した上で、健康を回復するという。数日間睡眠を奪われると、脳の高次機能に障害が発生し、妄想や幻覚などが現れる。さらに、身体的にも体重減少、免疫力の低下などの異常がみられる。


どこまで高く空を上がれる!?

1万3000メートル

1万3000メートルに上昇すると、たとえ加圧スーツを身にまとっていても、血中酸素濃度が限界を超えて意識を保っていられなくなり、1万9000メートル辺りで、ついに血液が体温で「沸騰」して死亡します。この辺りが、加圧・酸素供給されていない状態での人間の限界と言えるかも知れません。ちなみに人間が長期間生活できる限界高度は約5000m

人間が定住している最も高い場所は、アンデスのアウカンキルチャ山にある採鉱の町。標高は5340メートル。


海をどこまで深く潜れる!?

214m

健康的な成人の場合、特にトレーニングなどを行わなければ水深5m程度。泳力や心肺機能の強化訓練などを行えば水深30m程度といわれている。フリーダイビングの競技においては、驚くべき記録がある。ノー・リミッツというカテゴリーで、見事水深214mの世界最深記録を打ち立てている。


どこまでの重力に耐えられる!?

重力加速度(G)「179.8G」

F1ドライバーのデビッド・パーレイ事故時の速度は175km/hと言われ、 このときパーレイの身にかかった重力加速度(G)は実に「179.8G」と公表されている(1985年の日本航空123便墜落事故で死亡した乗客らが受けたGは100G以上と言われている)。この事故から生還を果たしたパーレイは最も大きい重力に耐えた人間としてギネスに認定された。


どこまでの体温に耐えられる!?

44~45℃

44~45℃は生存限界の境界線で、気合と根性で頑張っても数時間しか耐えられない。人体でもっとも熱に弱い脳には、体温が上昇しても熱い血液が届かないシステムが備えられているのだが、冷却そのものがままならぬ気温では、熱い血潮が脳を破壊する。45℃を超えると細胞のタンパク質が変性し、回復はおろか生存の見込みも薄い。脳の細胞はとくに熱に敏感で、42度が限界とされ、血液の温度が2,3度高くなるだけで脳の機能に大きな影響を及ぼす。


どこまでの寒さに耐えられる!?

氷点下50℃

裸だと氷点下50℃で1分も立たないうちに凍ってしまうが、服でしっかり防寒すると生き延びられる。

低体温症にならないよう、中枢温度が35℃を下回らないようにすればよい。

とくに脂肪が多いと、防寒の役目を果たしてくれるので、生き延びられる可能性がさらに高くなる。


どこまで集中力を保ってられるの!?

12時間

一般的には人間の集中力は2時間くらいと言われていますが限界は12時間みたいです。


どのくらい記憶する事ができるの!?

125メガバイト

小説100冊分くらいみたいです。ただし、明らかになっていない最強の記憶力の持ち主もまだいるはずです。

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」


0

あわせて読みたい

コメント

Translate »