今現在世界の海底に眠ってるお宝わかってるだけで3兆円以上!!見つかってない船まとめました。

0

世界の海に眠る財宝はまだまだあった!!!

世界の海底で今現在発見されていないお宝をご紹介いたします。

かなり夢がある話なので是非ご覧ください。

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

プラチナ

2012年2月、あるトレジャーハンターが、30億ドル相当のプラチナを積んだ、第二次大戦時に沈没した船を発見したと発表した。この船はまだひきあげられていない。カラパイヤ http://karapaia.com/archives/52113069.html


帝国海軍黄金沈没船

舞鶴湾から少し沖にある冠島。その冠島の近くにある沓島の北東7400m地点の海底に黄金を積んだ沈没船が眠っているというお話。その沈没船の中に積まれているとされる財宝は時価にして2兆円から3兆円。 何故、そんな財宝が積まれていたのかと言うと、日本が戦争に負けそうな状況を知った当時の海軍の幹部たちが、帝国海軍が再び復活しリベンジする為の軍資金を隠す為だったと言われています。

Maizuru Walker http://maizuruwalker.web.fc2.com/densetsu/002/index.htm


「SSセントラル・アメリカ号」

米サウスカロライナ州の沖合で南北戦争前の19世紀に沈没し深海の暗闇に眠る蒸気船「SSセントラル・アメリカ号」

船は1857年に乗客・乗員425人、それに金を乗せたまま沈んだ。金の量は分かっていない。船は大西洋の水深1マイル(約1610メートル)以上の場所に横たわっている。1989-91年の回収作業で2トンを超える金が引き揚げられたが、

オデッセイは依然として8600万ドル(約87億8000万円)相当の金が沈んでいる可能性があるとみている。


スペイン財宝船団『サンミゲル号』

1714年アメリカ大陸からスペインを目指し、フロリダ沖で沈没した船団の中の一隻で、莫大な財宝を積んでいたといわれる船です。

金の延べ棒や銀細工、エメラルドに真珠、金貨、銀貨、宝石類などの財宝で現在の価値にすると数百億円は下らないらしいです。

雑学ミステリーhttps://zatsugaku-mystery.com/undiscovered-treasure/


紹介させてもらった船の画像はイメージです。

総額3兆円を超えます

これら以外で日本で今現在有名なのは『徳川埋蔵金』です。

徳川埋蔵金は、江戸幕府が密かに埋めたとされる幕府再興の為の軍資金です。埋蔵金の額は約360万〜400万両の金塊または紙幣と言われています。現在の価値では2千700億前後らしいです。

しかし、こちらのお宝は見つけても国に取られます。報労金5〜20%が支払われるみたいです。つまり20%で約540億が貰えます。


徳川埋蔵金なら日本だから可能性は0ではないですね。

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

0

あわせて読みたい

コメント

Translate »